イベント・ニュース・美容・健康WEBサイト

G-Style Plus

ニュース

谷口浩三容疑者【釜石商工高校の非常勤講師】を重傷事故で逮捕!

更新日:

釜石商工高校の非常勤講師が重傷事故を起こしました。

ニュースでも取り上げられて、今回の事故で県の教育委員会も陳謝の会見を行いました。

交通事故は、ふとした時に起きてしまいます。

確認不足やよそ見。

被害者は重傷のけがをしています。

大船渡市の国道で起きてしまった交通事故をまとめたいと思います。

事故の概要


引用:IBC岩手放送

岩手県の大船渡市の国道で起きた事故の概要。

非常勤講師の谷口浩三容疑者が逮捕された事件。

21日午前、大船渡市の国道で、県立釜石商工高校に勤める非常勤講師の男が運転する軽乗用車が横断歩道を渡っていた女性をはね、大けがを負わせました。男は過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕され、容疑を認めています。
過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、県立釜石商工高校に勤務する非常勤講師、谷口浩三容疑者(71)です。警察の調べによりますと谷口容疑者は21日午前10時ごろ、大船渡市盛町の国道45号で軽乗用車を運転中、横断歩道を歩いて渡っていた87歳の女性をはねました。女性は右足首の骨を折る大けがを負い、病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。谷口容疑者は警察の調べに対し、「横断歩道をよく見ていなかった」と話し、容疑を認めているということです。
谷口容疑者の逮捕を受けて、午後6時から県教育委員会が会見し、陳謝しました。県教委によりますと、谷口容疑者は学校で機械など工業の教科を担当しており、21日は休日だったということです。県教委は谷口容疑者の処分について、事実関係を確認のうえ適切に対応するとしています。
引用:IBC岩手放送

この事故をまとめてみます。

○事故は21日午前、大船渡市の国道
○容疑者は谷口浩三(71)
○被害者は女性87歳
○谷口浩三は釜石商工高校非常勤講師
○県教育委員会が記者会見で陳謝
○21日は休日
○原因は横断歩道をよく見ていなかった

 

お互いが71歳と87歳

最近高齢者の事故が多発しています。

特にアクセル踏み間違い、不注意が原因として多くなっています。

年を取るにつれて、視野が狭くなる・身体能力の低下・判断力の低下。

などの原因で交通事故が多くなっています。

今回の事故の原因も確認不足によるもの。

最近では運転免許返納など、高齢化社会が進むにつれて制度も多様化しています。

交通事故を起こしてしまうと、自分の人生だけではなく被害者・ご家族の人生がガラッと変わってしまいます。

こういう事故が減っていくのを願っています。

[adchord]

事故が起きた場所はどんなとこ?


引用:IBC岩手放送

今回の事故が起きた場所はどんなところだったのでしょうか?

見通しが悪い交差点?

見通しは良いけど交通量が多い?

事故現場は・・・

岩手県大船渡市の国道
大船渡市盛町の国道45号

大通りで、そこまで見通しが悪いところでないですね。

何かで急いでいたり何かに気をとられていたのか。

高齢者でも若くても、大通りでも小道でも注意は必要ですね。

運転の時は気を抜かず安全運転でお願いします。

県教育委員会の会見


引用:IBC岩手放送

釜石商工高校の非常勤講師の谷口浩三容疑者が重傷事故を起こしたことで。

県の教育委員会が会見を開きました。

会見では、謝罪をしていました。

21日事故が起き、教育員会の会見は午後6時からとなっています。

はやい対応だったと思います。

谷口浩三容疑者はどんな人?

谷口浩三容疑者は高校で機械など工業の科目を担当しているとのこと。

過失運転致死傷害って

ニュースでよく言われる過失運転致死傷罪とは何でしょうか?

過失運転致死傷罪とは、交通事故を起こして被害者に怪我をさせたり死亡させたりした場合に成立する可能性がある犯罪です。過失による罪なので、故意がなく不注意によって相手を怪我させた場合にも、過失運転し死傷罪が成立する可能性があります。この場合の「過失」は、特に重い罪は求められていません。
これより過失の程度が酷く、故意や故意に近いような重大な過失によって交通事故を起こした場合には、危険運転致死傷罪となります(同法2条)。そこで、過失運転致死傷罪が適用されるのは、不注意があったけれども、危険運転致死傷罪が適用されるほどの酷いものではなかったケースだということになります。引用:https://how2-inc.com/negligence-driving-6376

あくまで、不注意で起きてしまった事故の場合ですね。

もちろん故意的に行った場合は違います。

過失運転致死傷罪の刑罰は

「7年以下の懲役または禁固もしくは100万円以下の罰金」とされています(自動車運転処罰法5条)。つまり、交通事故で人を怪我させたり死亡させたりした場合には、7年以下の範囲で刑務所に行かなければならなかったり、100万円以下の範囲で罰金を支払わないといけなくなったりするおそれがあるからです。

[adchord]

ネット上での反応

事故の話より、71歳の人を講師で雇わなければならない位、岩手県は教員不足なの?とビックリした!
事故に遭われた方が命に別状がないのは何よりでした。引用:ヤフーニュース

最初はぶつかったと思っていなかったから
ひいた事にはならないとか言ってたみたい。
被害者からすれば
弾かれた轢き逃げされた。引用:ヤフーニュース

年寄りの運転は無差別殺人。引用:ヤフーニュース

 

 

まとめ

高齢者の交通事故が最近では目につきますよね。

ネット上でも、高齢者の運転は怖いという声も。

それと、教育関係も高齢の手を借りなければならない状況下?

など。

日本全体が高齢化社会でこれからもどんどん割合が上がっていき予定です。

そんな中で、仕事・事故など悩まされることが多いですね。

そんな中、高齢者の経験を活かして○○ということもあります。

今後も、高齢者の交通事故や問題が減っていくことを願っています。

交通事故だけに関しては、車の最新技術も開発され事後減少に力を入れています。

今後も、こういう問題を将来につなげるために力にできたらいいですね!

 

 

 

-ニュース

Copyright© G-Style Plus , 2019 All Rights Reserved.